2014年3月2日(日)

ヒキガエルの繁殖行動  1月21日に撮影しました。しばらく繁殖行動が続きました。

200匹ほどヒキガエルがいるようです。

ヒキガエルの繁殖行動

2013年7月8日(月)
エゴノキの実が豊作
エゴノキの実

エゴノキの実がたわわになっています。
まだ、熟れるまでには時間がかかります。

2013年6月11日(火)
マルバウツギの花
マルバウツギの花

4月29日に撮影した
マルバウツギの花です。

2013年6月10日(月)
ヤマザクラの実
ヤマザクラの実

5月11日に撮影したヤマザクラの実です。

2013年3月9日(土)
カンヒザクラが咲いています
カンヒザクラの花

九州地方は昨日から20℃以上を記録していますが、咲き始めたばかりのカンヒザクラはびっくりしているのではないでしょうか。

リハビリ中のメジロたちも突然の暑さに口を開けています。

2013年3月9日(土)
カスミサンショウウオの産卵
カスミサンショウウオの卵塊

カスミサンショウウオが雨が降るたびに産卵を続けています。

森の遊園地開設以来、初めてというぐらい、たくさんの卵塊が見られます。

2012年11月24日(土)
紅葉狩りをしました
紅葉狩り 昨日はあいにく、小雨が時折り降るお天気でしたが、予定通り紅葉狩りを敢行しました。

初めて訪問された方も、ここに居るといやなことを忘れる、1日居ても飽きない、宝の山、などと大変喜んでおられました。

フラワーアレンジメントの先生と生徒さんですから、自然いっぱいの森の遊園地は、特に心を癒してくれたようです。
囲炉裏で、シイタケとサツマイモを焼いていただきましたが、これがまたおいしいと評判でした。
2012年11月20日(火)
シイタケの収穫
シイタケ収穫
2012年11月15日(木)
森の遊園地の紅葉
マユミの実 マユミの実が色づき始めています。

池には冬の使者、カルガモなどのカモ類、やジョウビタキやシロハラ、鷹類もやってきました。
2012年4月29日(日)
森の遊園地のヤブツバキ

森の遊園地では、ヤブツバキが3月から4月にかけて満開となります。
そして、少し変わったヤブツバキの花も生まれました。

毎年4月に咲きます。
この花は、先週撮影したもので、今期最後の花です。












一般社団法人
エコシステム協会
2012年4月5日(木)
森の遊園地 桜のお花見

森の遊園地の桜のお花見は今が最高ですが、今週末ではなんとか楽しめそうです。


満開の桜は、台風並みの強風でも散りませんでした。

しばらく花冷えが続くそうです。

2012年1月26日(木)
2012年 エコ学習館の裏庭

今年のお正月、雪は降りませんでしたが、昨日は雪が降りました。積もることはありませんでした。

全国的に大寒波がやってきているようです。

森の遊園地の落葉樹はすっかり葉を落とし、森の中が心なしか明るくなっています。

2011年12月15日(木)
アジサイのガクの紅葉
アジサイのガクがひっくりかえって、ピンクの花が咲いているように見えます。

アジサイは二度咲く、という感じです。






エコシステムトップへ
2011年12月13日(火)
森の遊園地は熊本県益城町にあります
森の遊園地は今、紅葉もきれいですが、落葉してしまった木もたくさんあります。
入り口あたりは、こんな感じです。

でも、野鳥たちはたくさんいて、いつもにぎやかな森の遊園地です。

時折、小さな子供さんや赤ちゃん連れのご家族が訪問されています。
2011年12月13日(火)
森の遊園地 紅葉がきれいです
森の遊園地は広いので、あちこちでいろんな木々の紅葉が見られますが、今は、ドウダンツツジの紅葉が美しいです。

終わったものもありますが、盛りのものもあります。

昨日は、小鳥たちの混群が水浴びにやってきました。

メジロ、シジュウカラ、ソウシチョウ、ウグイス、エナガ、アオジ、ヤマガラなどが一緒に行動しているのですが、コガラがいませんでした。

2011年10月18日(火)
実りの秋を迎えた森の遊園地
カラスウリの実 カラスウリです。
2011年10月13日(木)
森の遊園地は休園中
実りの秋を迎えた森の遊園地

現在、森の遊園地は休園中です。

草刈をしていないからです。

森にお休みはありませんが、夏から草が生い茂り、秋になると、草の種が衣服について、歩くときも歩いた後も大変です。


今、森の遊園地は、実りの秋を迎えています。

2011年8月13日(土)
森の遊園地 残暑
森の遊園地 8月半ば

今年の梅雨はたくさんの雨が、森の遊園地にも降りました。

梅雨時期にはヒグラシが鳴きはじめ、梅雨が終わる頃には、ツクツクボーシがなき始めました。

昨年同様、サシバのヒナが生まれ、毎朝鳴いています。



エコシステムホームへ
2011年5月26日(木)
梅雨とカエルさんの合唱

南九州は入梅しました。
熊本はまだなのかもしれませんが、雨が多い毎日です。

降りそうで降らない。
かといって、お天気でもなく、曇りがち。

お天気かと思えば雨が降る。

降りだした雨も、すぐにやむ。

雨の日は、25℃ぐらいで過ごしやすい気温です。

森の遊園地ではカエルさんたちがにぎやかです。

2011年5月21日(土)
外国の花ショウブも森の遊園地がお気に入り

森の遊園地では今、外国産のハナショウブが今を盛りと咲き誇っています。

気候風土があっているのか、増え続けていて、切り花にも出来ます。

黄色と青があります。

黄色が先に咲き、青色のものはあとから咲き始めたのですが、これからまだ、楽しめます。

肥後ショウブは手入れをしないと増えませんが、外国産のショウブは、ほっておいてもどんどん増えています。
2011年5月14日(土)
目に青葉 山ホトトギス
エゴノキの花

5月13日(金)の森の遊園地は、遠くから見ると黄砂に包まれて、白くかすんでいましたが、よいお天気に恵まれ、夏鳥たちのさえずりを聞くことができました。

まず、ホトトギス、そして、キビタキ、リリリーのサンショウクイ、ほかは留鳥であるアオバト、メジロ、ウグイス、ソウシチョウ、シジュウカラなどが盛んに鳴いていました。

ハルゼミも5月のはじめから鳴いています。
ウシガエルさんも鳴いています。

最近雨がよく降ったので、野草もよく茂っています。(笑い)
写真はエゴノキの花。
今年は咲き始めが遅かったせいか、まだ、満開のエゴノキもあります。

裏年で、花つきが少ない木もあります。

2011年5月2日(月)
新緑の森の遊園地

4月29日、昭和の日に新緑の森の遊園地で、保育園の子供たちと保護者、ボランティアの皆さんが野外での食事を楽しまれました。

バーベキューに、お釜で炊いたご飯のおにぎり、野草の天ぷらなど、新緑の森の遊園地でのランチは、とてもおいしいです。

2011年4月29日(金)
昭和の日 森の遊園地の池
森の遊園地の新緑

森の遊園地 
現在のようすです。
雨が降ったので、カエルさんが鳴いています。
メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイスたちも盛んに鳴いています。

2011年4月20日(水)
森の遊園地 新緑がきれいです
森の遊園地の新緑

4月の半ばになると、サクラは葉桜になり、新緑は目が覚めるような美しさです。

特に14日は、黄砂もなく、秋のように雲ひとつない澄んだ青空となり、まぶしい新緑となりました。

2011年4月20日(水)
森の遊園地のサクラ
森の遊園地のサクラ

森の遊園地のサクラは3月下旬から咲き始めました。

今年は寒かったせいか、ヤマザクラとソメイヨシノが同時に咲きました。

2011年1月31日(月)
鳥インフルエンザに負けません 森の遊園地の野鳥たち
ジョウビタキのオス

森の遊園地には今、放鳥したメジロ数百羽といろいろな冬鳥たちが暮らしています。
写真のジョウビタキは、エコ学習公園園長の平野虎丸氏を大好きで、平野氏を見ると、いつも近くを飛んで回るのだそうです。

シロハラもそうです。

池のカルガモたちも平野氏が動いても、知らん顔をしていますが、私たちが動くと、逃げ始めます。

イノシシも平野氏には安心して出てきます。
いつも公園で黙々と作業をしている平野氏は、野生動物や野鳥たちにとっては、同じ野生の仲間なのかもしれません。

人間だとは思っていないのかもね。

2011年1月14日(金)
メジロ175羽をリハビリ中
リハビリ中のメジロたちの水浴び

メジロの鳴き合わせ会関係者から放鳥してもらったメジロ175羽を現在、リハビリ中です。

リハビリ小屋の中で水浴びをさせ、餌をおいています。

水浴びはメジロたちの健康にとって大切なものです。

体をいつもきれいにしていないと、雨にぬれて死んでしまうことになるからです。

最近は寒い日が続いていますが、
どんなに寒くても、メジロをはじめ野鳥たちは水浴びをします。

2011年1月8日(土)
雪のお正月
雪の森の遊園地

2011年の元旦、
森の遊園地は雪が積もりました。

とってもきれいでした。

2010年12月6日(月)
モミジの道も終わり・・・
森の遊園地 紅葉

モミジの紅葉がきれいだった道も、ほとんどの紅葉が終わりました。

また、来年。

でも、まだ、スギのかげになっているモミジたちは、色づいていないものもあります。

森の遊園地は、
1ヶ月以上、紅葉を楽しむことができるのです。

きょうは、保育園の子供たち10名ほどが、先生と一緒に遊びに来られましたが、みんな大喜びで走り回っていました。

紅葉と落ち葉とドングリがいっぱいの森の遊園地です。

2010年12月6日(月)
雑木林の冬
森の遊園地 雑木林の紅葉

雑木林の冬も、陽射しを浴びてきれい。

落ち葉を踏みながら歩くことを楽しんでいます。

2010年12月4日(土)
森の遊園地の紅葉
森の遊園地 美しいモミジの紅葉

森の遊園地は、
まだまだ、モミジの紅葉が楽しめます。

2010年12月2日(木)
森の遊園地のメジロ
森の遊園地で、柿を食べるメジロ

森の遊園地では今、イカルやサンショウクイ、ジョウビタキ、シロハラ、カルガモなどの冬鳥たちも加わって、大変な賑わいを見せています。
特に、先日100羽以上のメジロを放鳥したので、メジロたちがたくさん飛び回っています。

渋柿も熟し、メジロたちは大喜びですが、この柿も残りわずかです。
今年の柿は不作で。12月になると、柿はほとんどなくなるでしょう。

暖かい冬であることを願っています。

森の遊園地では、目の前をたくさんの野鳥たちが飛び回る姿を楽しめます。

2010年11月24日(水)
森の遊園地でツリークライミング
森の遊園地でツリークライミング

10月30日、
森の遊園地で、
ツリークライミングが行われました。


そのときの記念写真です。

2010年11月23日(火)
森の遊園地の紅葉 
森の遊園地の紅葉

森の遊園地の木々の紅葉も少しは終わりましたが、
まだまだ、これから、という木もあります。

現在、違法に飼養されていた野鳥たちもたくさん放鳥しています。

11月24日には、
100羽近いメジロたちがリハビリ舎を出て行きます。

森の遊園地はたくさんのメジロたちで
賑わいますが、餌もたくさん必要になります。

2010年11月15日(月)
モミジの紅葉が美しくなってきました。
モミジの紅葉

モミジの葉っぱも、緑色から少しづつ真っ赤になっていきますが、
今は、そんな緑色と赤い葉っぱのモミジの両方を見ることができます。

少しづつ色づいていく様子が、とてもいいな〜と思っています。

2010年11月9日(火)
紅葉が始まっています。
ケヤキの黄葉

ケヤキ大木の黄葉です。
迫力があります。

森の遊園地は今、冬鳥、ジョウビタキやシロハラ、カルガモさんたちがやってきている上に、木の実を求めてヒヨドリやメジロたちがやってきて、とてもにぎやかです。

ガビチョウも大きな声で鳴きます。

紅葉とたくさんの野鳥たちが楽しめる、11月の森の遊園地です。
紅葉は、まだまだこれからです。

2010年10月25日(月)
コノシメトンボ
コノシメトンボ

この時期はいろいろなトンボが見られますが、10月中旬、エコ学習館前の小さな池で、コノシメトンボを撮影しました。

2010年10月15日(金)
ヒメジソの花
ヒメジソの花

ヒメジソの花が咲いていました。

熊本は現在夏日が続いていますが、森の遊園地では、ツクツクボーシがまだ、鳴いています。

10月14日の夕方、ヤマガラのエゴノキの実をたたく音、ヒヨドリのさえずり、ヤマバトのデーデーポーポー、モズ、カラスの声が聞こえました。

柿の実が熟れているせいか、メジロやヒヨドリたちがとても喜んでいるようです。

いろいろな虫の声も聞こえました。


2010年10月7日(木)
渋柿が熟れてきました
色づいた柿の実

10月初旬になると、様々な木の実が色づいてきますが、渋柿も熟れ始めました。

森の遊園地では、ガビチョウが盛んに鳴き、メジロ、ヤマガラ、ヒヨドリの姿がよく見られ、池ではアオサギが魚を狙っています。

2010年9月25日(土)
カラスウリが色づき始めました
色づいたカラスウリ

スイカのようだったカラスウリがオレンジ色に色づいてきました。

9月になって、ヤマガラが盛んにエコ学習館裏庭のピンクエゴの実を食べにきています。

部屋の中に座っていると、目の前で、ヤマガラがエゴノキの実を取っていく様子が見られます。

2010年7月4日(日)
梅雨の最中に咲く クモキリソウの花
クモキリソウの花

待ちにまったクモキリソウの花は、梅雨になってから咲き始めました。

咲いている場所も暗いし、太陽もない、ということで、フラッシュつきの写真になりました。
渓流の近くにもありますが、山の上の雑木林の中にもあります。

2010年6月30日(水)
ハンゲショウの季節
ハンゲショウの花盛り

森の遊園地のトンぼ池では、今、ハンゲショウの花が盛りです。

梅雨の大雨の中、アジサイとハンゲショウが元気です。

少しだけ植えたハンゲショウですが、トンボ池の環境が気に入ったらしく、トンぼ池を覆い尽くすほどの勢いで増えています。

2010年6月24日(木)
ヒゴショウブの花
ヒゴショウブの花

ヒゴショウブをトンボ池などに植えていますが、なかなか、思うようには増えてくれません。

今年は、もう、終わりです。

きょうは、いろいろなトンボを見ました。
ベニイトトンボ、コシアキトンボ、オニヤンマ、シオカラトンボなどなど。

ウシガエルさんも大きな声で鳴いています。ホトトギスもよく鳴いています。


チョウゲンボウをカラスが追い出していました。
森の遊園地を縄張りにしているジゴロのカラスは、サシバも含めて、タカたちを追い出そうと懸命です。

2010年6月15日(火)
アジサイの花がいっぱい
アジサイの花

熊本も入梅しましたが、森の遊園地ではアジサイの花たちが、今か今かと雨を待っていました。






エコシステムホームページへ
2010年5月28日(金)
イチヤクソウの花
イチヤクソウの花

イチヤクソウの花が咲き始めています。

空ではホトトギスが盛んに鳴いています。

ホトトギスというのは、声が大きい割には、案外小さめの鳥で、ヒヨドリぐらいです。

ウグイスも負けじと、よく鳴きます。
先日放鳥したメジロたちは、ほとんどが見えないところに行ってしまいましたが、雨が降る日などは、餌を食べに戻ってくるメジロたちが少しいるので、雨の日だけ、餌を置いています。

少しですが、自然の中より、餌のあるリハビリ舎の中でゆっくりしているものたちもいます。

2010年5月22日(土)
おなかの大きなイモリさん
おなかの大きなイモリさん

水がぬるんでくるとイモリさんたちがトンぼ池にあらわれます。

先日、おなかの大きなイモリさんを発見しました。

オタマジャクシがたくさんいるトンボ池で、イモリさんも増えてほしいと思います。

2010年5月16日(日)
夏鳥たちがそろいました
ピンクエゴノキの花

いつのまにか、シロハラさんがいなくなり、
5月9日には、
サンコウチョウが、14日には、ホトトギスが、森の遊園地にやってきました。

遊園地を歩いていると、キビタキの小さなさえずりが聞こえ、ホトトギスが盛んに鳴いていました。

鳴いて血を吐く、と言われるホトトギスですが、よく鳴きます。

しかし、その声を聞く、ウグイスたちは恐怖を感じているのかもしれません。

ウグイスもまた、盛んに鳴いています。

そういえば、5月15日、リハビリ舎の近くで巣を作っていたシジュウカラのヒナがやっと巣立ちました。

親が1羽になったようで、餌が不足しているのか、雛の成長が遅く、1週間ほど巣立ちが遅れました。

20年ほど前から、森の遊園地のシジュウカラは、5月のゴールデンウイーク中に巣立ちをしていました。

2010年5月14日(金)
タツナミソウの花

タツナミソウの花が咲いています。

2010年5月11日(火)
違法飼育メジロ300羽 リハビリ放鳥

昨日、5月10日(月)、愛鳥週間初日に、リハビリ中だったメジロ300羽を放鳥しました。

これから、メジロなど、生まれたばかりの野鳥たちの密猟が始まります。

「密猟をやめてほしい」という願いをこめて、マスコミ各社に取材をお願いいたしました。

残念ながら、新聞社はひとつもきませんでしたが、小雨の中、RKKとKKTテレビ局が取材に来られ、RKKは当日の夕方、KKTは5月11日に放映され、全国の日テレニュースでも放映されたもようです。

少しでも、多くの皆さんに、密猟の実態を知っていただきたいと思っています。

メジロ300羽は当然のことながらすべてがオスです。

オス300羽と相手となるメスたちも繁殖の機会を奪われているのです。

2010年5月8日(土)
エゴノキの花の香りに包まれた森の遊園地
今、森の遊園地を歩くと、エゴノキの花の香りがいっぱいです。

花の香りに誘われて、ミツバチや花蜂など、いろいろな虫たちがやってきます。














これまでの森の遊園地日記は
「森の遊園地の四季」
2010年5月8日(土)
リハビリメジロたちの水浴び