日本政府の森林偽装

2008年9月9日全国有名書店で発売開始

 
挿し木林業には直根がないため土砂災害を引き起こし、水源涵養力も少ないことから、国の林業政策の転換を提言しています。

エコシステムでも販売しています。
定価 1300円。(税込み 1365円。)

林野庁によって繰り返される「森林整備」「温暖化対策」という名の自然破壊。
30年にわたる自然保護活動の中で見てきた、森林のあぶない実態について記しています。

【目次について】

1 林野庁に問題あり/2 山村に生まれ育って
3 野鳥保護から「エコシステム」へ/4 日本の森林は今どうなっているか
5 「美しい森林づくり」の欺瞞/6 緑資源機構の犯罪
7 詐欺か偽装か、さまざまな試み/8 林野政策の失敗で鳥獣を殺すな
9 地球温暖化問題対策のウソ/10 林野庁はいらない 
※アマゾンで購入できます。

本についてのお問い合わせ
    NPO
法人 エコシステム
お問い合わせはこちらへ

〒861-2223
熊本県上益城郡益城町小池3435
TEL/FAX :096-288-8086

 
Copyright(C)2003 Ecosystem. All Reserved.